(退職所得)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

(退職所得)

第三十条 退職所得とは、
退職手当、一時恩給その他の退職により一時に受ける給与
及びこれらの性質を有する給与(
以下この条において「退職手当等」という。)に係る所得をいう。
2 退職所得の金額は、
その年中の
退職手当等の収入金額から
退職所得控除額を控除した残額の二分の一
に相当する金額
当該退職手当等が
特定役員退職手当等である場合には、
退職手当等の収入金額から退職所得控除額を控除した残額
に相当する金額)とする。
3 前項に規定する
退職所得控除額は、
次の各号に掲げる場合の区分に応じ当該各号に定める金額とする。
一 政令で定める勤続年数(以下この項及び第六項において「勤続年数」という。)が
二十年以下である場合 四十万円
当該勤続年数を乗じて計算した金額
二 勤続年数が二十年を超える場合 八百万円と七十万円
当該勤続年数から二十年を控除した年数を乗じて計算した金額との合計額
4 第二項に規定する
特定役員退職手当等とは、
退職手当等のうち、
役員等次に掲げる者をいう。)としての政令で定める
勤続年数以下この項及び第六項において「役員等勤続年数」という。
が五年以下である者が、退職手当等の支払をする者から
当該役員等勤続年数に対応する退職手当等として支払を受けるものをいう。
一 法人税法第二条第十五号(定義)に規定する役員
二 国会議員及び地方公共団体の議会の議員
三 国家公務員及び地方公務員
5 次の各号に掲げる場合に該当するときは、
第二項に規定する退職所得控除額は、第三項の規定にかかわらず、当該各号に定める金額とする。
一 その年の前年以前に他の退職手当等の支払を受けている場合で政令で定める場合
 第三項の規定により計算した金額から、
当該他の退職手当等につき政令で定めるところにより
同項の規定に準じて計算した金額を控除した金額
二 第三項及び前号の規定により計算した金額が
八十万円に満たない場合
次号に該当する場合を除く。) 八十万円
三 障害者になつたことに直接基因して退職したと認められる場合
で政令で定める場合 第三項及び第一号の規定により計算した金額(当該金額が八十万円に満たない場合には、八十万円)に百万円を加算した金額
6 その年中に第四項に規定する特定役員退職手当等と特定役員退職手当等以外の退職手当等があり、当該特定役員退職手当等に係る役員等勤続年数と特定役員退職手当等以外の退職手当等に係る勤続年数の重複している期間がある場合の退職所得の金額の計算については、政令で定める。
2017年9月15日 | カテゴリー : 退職所得 | 投稿者 : tt